【MV】2018年、気に入った洋楽18選

2018年に良いと思った洋楽動画の紹介。選んでみると全体的にブラック・ミュージック多めで自分でも意外でした。ソウルぽいのとか電子音とか自分の好みが出ちゃってますね。


Childish Gambino – This Is America (Official Music Video)

Childish Gambino – This Is America (Official Music Video)

俳優としても活動するアメリカのラッパー、Childish Gambinoの世界中でバズったMV。アメリカの銃問題や人種差別を扱ったこの作品は2018年に見たMVの中でも最も衝撃的でした。

Yves Tumor – Licking An Orchid (ft. James K)

Yves Tumor – Licking An Orchid (ft. James K)

テネシー州生まれでイタリアのトリノを拠点に活動しているYves Tumor。ザラついた質感がかっこいい。Throbbing Gristleに影響を受けているらしいです。なるほど。

Crumb – Locket [Official Video]

Crumb – Locket [Official Video]

NYのサイケデリック・ロック(ポップ?)バンド、Crumb。トリッピーなMVが最高。自分の好きな要素が詰まってますねこれは。

The Internet – Come Over (Official Video)

The Internet – Come Over (Official Video)

アメリカのR&Bバンド、The Internet 。以前からファンなんですが新作も良かった。ここらへんのアーティストは好きですね。

Georgia Anne Muldrow – ‘Overload’ (Official Video)

Georgia Anne Muldrow – 'Overload' (Official Video)

カリフォルニア州LAのミュージシャン、Georgia Anne Muldrow 。フライング・ロータス主宰のレーベル、Brainfeederからのリリース作品だけあって流石の良さ。

JPEGMAFIA – Baby I’m Bleeding

JPEGMAFIA – Baby I'm Bleeding

アメリカのラッパー、JPEGMAFIA。エクスペリメンタルなトラックがかっこいい。名前も変わってるし独特なセンスのある人なんでしょう。でもこれ2017年の12月に公開された動画でした。まあ別にいいよね。

Kacey Musgraves – High Horse (Lyric Video)

Kacey Musgraves – High Horse (Lyric Video)

グラミー賞受賞歴もあるアメリカのシンガーソングライター、Kacey Musgraves。カントリーディスコ的な曲にヴェイパーウェイブなMVの組み合わせがおもしろい。変な日本語も出てきます。

Phum Viphurit – Lover Boy [Official Video]

Phum Viphurit – Lover Boy [Official Video]

タイのシンガーソングライター、Phum Viphurit。タイ発の音楽を洋楽として紹介するのもどうかとも思いましたが、まあ別にいいよね。アジアにも色々なアーティストがいます。

Anderson .Paak – TINTS (feat. Kendrick Lamar) (Official Video)

Anderson .Paak – TINTS (feat. Kendrick Lamar) (Official Video)

アメリカのミュージシャン、Anderson PaakがKendrick Lamerをフィーチャーした曲。アルバムも良かった。

Westerman – Confirmation (Official Video)

Westerman – Confirmation (Official Video)

ロンドンのシンガーソングライター、Westerman。なんか説明しづらい良さがあります。UKインディーシーンに注目している人くらいにしか知られてないかも。

MorMor- Heaven’s Only Wishful

MorMor- Heaven's Only Wishful

カナダのトロント出身のアーティスト、MorMor。これがデビューシングルのようです。力が抜けるような感じが良い。

Travis Scott – SICKO MODE ft. Drake

Travis Scott – SICKO MODE ft. Drake

テキサス州出身のラッパー、Travis Scottの大ヒット曲。アルバム「ASTROWORLD 」も聴き応えがありました。

BEACH HOUSE — “LEMON GLOW”

BEACH HOUSE — "LEMON GLOW"

アメリカのボルチモア出身のドリーム・ポップバンド、BEACH HOUSE。うねるような電子音が好み。

A$AP Rocky – Sundress (Official Video)

A$AP Rocky – Sundress (Official Video)

NYのラッパー、A$AP Rocky。こういう工夫しておもしろく作ってあるMVは好きですね。

Let’s Eat Grandma – Falling Into Me (Official Audio)

Let's Eat Grandma – Falling Into Me (Official Audio)

イギリスの10代女子二人によるエクスペリメンタル・ポップ・デュオ、Let’s Eat Grandma。硬質な電子音の使い方とか好みです。フジロックにも出演していたようです。

Lil Uzi Vert – New Patek [Official Audio]

Lil Uzi Vert – New Patek [Official Audio]

アメリカ、フィラデルフィア出身の若手ラッパー、Lil Uzi Vert。クールなピアノの音色が良い。

U.S. Girls – Rosebud (Official Video)

U.S. Girls – Rosebud (Official Video)

アメリカ出身、カナダ在住の Meghan Remyによるエクスペリメンタル・ポップ・プロジェクト、U.S. Girls。ローファイな音使いが良い。

Dj Koze – Pick Up (Official Video)

Dj Koze – Pick Up (Official Video)

ドイツ、ハンブルグのDJ、DJ Koze。下に出てくる字幕が地味おもしろいMV。


とまあ、そんな感じでした。HIPOHOPってそれほど好きなジャンルってわけでもないんですが、音のおもしろさに惹かれるものが多かったです。

全体的にMVや曲単位では良くても、アルバムで聴くとイマイチみたいなことも多くて、 その点、人気アーティストはアルバム全体で完成度が高くて流石だなと思ったり。

正直、今年は日本の音楽ばかり聴いていたので、厳選度合は低目なんですが、まあそれでもこの記事にあげた動画は「これ良かったよ」と紹介したくなったものばかりなので、これはこれで良いんじゃないかなと思ってます。