【映画】「銃夢」ハリウッド映画版トレーラーを見て思ったこと

日本のSF漫画「銃夢」を原作としたハリウッド映画「Alita: Battle Angel」のトレーラーが公開されていました。

Alita: Battle Angel | Official Trailer [HD] | 20th Century FOX

銃夢について

銃夢は知ってる人は知っているというおもしろい漫画ですが、読んだことがないという人も多いと思います。

「銃夢」は1990年に連載が始まった木城ゆきと原作のSFバトル漫画で、この漫画のファンとして有名なのが、あの映画界の巨匠ジェームズ・キャメロン監督なのです。

もう、すっげー前(10年以上前?)に実写映画化のための権利をキャメロンが買ったみたいな話があったのですが、全然実写化されることもなく、とっくになくなった話だと思っていたら、数か月前に来年公開予定みたいな話を見て「マジか!」と驚きました。

攻殻機動隊と比べると、もっとわかりやすくて娯楽性の高い漫画だったと記憶してます。

そもそもがバトル漫画ですからね。

OVAでアニメ化もされていて、その評価も高かったと思います。

銃夢のトレーラーの感想

で、トレーラーを見た感想なのですが、おそらく他の全ての人の感想と同じで、

「目でかっ!」

え、キャメロンはこれがやりたかったのか!?って感じなんですが、トレーラーの冒頭が顔のアップということは、このビジュアルのインパクトがひとつの売りなのでしょう。

ただ、個人的にはすごい好きで、中々絶妙なアイディアだと思っています。

漫画・アニメやカートゥーンと現実の狭間的なビジュアルで新鮮だし、この主人公の女の子はサイボーグという設定なので、非現実的な外見をしている道理もあります。

キャメロンは銃夢の何に惹かれて実写化しようとしたんだろうと、不思議に思っていたのですが、こういうことがやりたかったのかなあ?

あと、トレーラーを見るに目が大きいのは主人公だけなんですよね。

目の大きさで主人公に特別な存在感を持たせたいのかも?とも思いました。

当たり前ですが、色々な考えがあってやってるんでしょうね。

原作再現度の高さ

で、他に注目したところでいうと、イド(眼鏡のおじさん)がめっちゃ似てます。

これは原作知ってる人は皆思うんじゃないかな。

あと、私が最後に原作を読んだのも結構昔ですが、トレイラーの最後の方のでかいサイボーグ男を掴み返すシーンは原作で同じようなシーンを見た気がするんですよね。

構図とか動きの感じとか、けっこう忠実に原作を再現しているような。

普通、ハリウッドで実写化ってなると原作無視みたいな作品も多いじゃないですか。

原作の一部だけ使って、後はオリジナルに作り変えてるみたいな作品が。

しかしそういった作品とは別に、この「Alita: Battle Angel」はあの「銃夢」をほんとにハリウッドで映画化してるんだなって感じがしました。

トレーラーの節々で、「あー、こういうシーンあったなあ」って思い出すんですよね。

原作へのリスペクトを感じます。

まとめ

日本の漫画が原作なので、公開が近づくにつれて日本のメディアでも沢山紹介されそうですね。

プロデューサーがジャームズ・キャメロンで監督がロバート・ロドリゲスなので、まあ十中八九おもしろい作品になってるでしょう。

興味を惹かれる予告編でした。

銃夢(1)[Kindle版]

木城ゆきと 講談社 2014-01-31
売り上げランキング :

by ヨメレバ

スポンサーリンク