ブログ初心者にありがちな「ブログが書けない・投稿できない理由」とその解決法

ブログを作ったときは色々書きたいことがあったはずなのに、いざブログを開設したら、書くことがない、書けない。

そういう人って沢山いると思います。

というか、今の私がそうです。

なぜ、ブログを始めたはいいものの、書くことができないという自体に陥ってしまうのか。

また、せっかく記事を書いたのに投稿するのをためらって下書きのまま、なんてこともよくあります。

なぜブログが書けないのか、その理由を一つ一つ明確にしつつ、この問題の解決を探ってみましょう。

ブログが書けない・投稿できない理由

1.なにを書いたらいいかわからない

ブログに書くような話題を見つけられないというブログ初心者が最も陥りがちなパターンです。

解決:身近なことをブログにしよう。

自分から遠いことよりも、自分に身近なことほどディテールも知っているし実はブログにしやすい話題が見つかると思います。

例えばブログに何を書けばいいか悩んでいるのなら、その悩んでいること自体をブログにするというようなことですね。

つまり、この記事で今やっていることです。

2.どう書きはじめたらいいかわからない

頭の中では文章がまとまっていたはずなのに、いざ書こうとするとその時の文章や構成のイメージが思い出せず書きはじめることができない、というパターンです。

うまく書けそうだというイメージを失って、ブログを書く気を失ってしまいます。

解決:とりあえず書きはじめること。

書きはじめると、意外と書けたりします。

とりあえず書き始めて流れに乗りましょう。

3.自分らしい文章が書けない

いざ書きはじめると、変に他人行儀な文章になってしまったり、逆に変にフレンドリーだったり、自分らしい文章が書けなくて違和感があり、書きすすめられないというパターンです。

解決:沢山ブログを書いて、書くことに慣れよう。

なんでも初めからうまくはできません。

沢山書くうちに自分らしい文章が書けるようになると思います。

まず書いて、それから「ここはもっとこういう風にした方が自分らしいな」と変えていけばいいと思います。

4.書いてみたら意外とブログにするほどの内容がなかった

書き始めるまえはもっと内容があると思っていたのに、いざ書いてみると全然内容がなく、これならブログにするほどのことでもないな、と投稿をやめてしまうパターンです。

解決:文章を膨らませて内容を増やす。

内容がないなら、内容を増やせばいいのです。

詳細を書いたり、考えを膨らませたり、関連する話を書いたりなど、色々手はありますよね。

5.文章の推敲・修正が終わらない

ちゃんとした文章にするために推敲や修正をしていくと、今度はその変更箇所に合わせて他の部分も修正していくことになり、延々と文章を整える作業を終わらせることが出来ないというパターンです。

一カ所でも文章を変えると、他の部分も変えないと文の繋がりがおかしくなってしまうんですよね。

解決:充分に推敲したなら見切りをつけて終わらせよう。

とりあえずは伝えたいことが伝わる内容になっていればいいのではないでしょうか。

無理に自分の能力以上に良い文章を書こうとせず、見切りをつけることは大事かもしれません。

書き続けるうちに書く能力は上がっていくと思います。

6.書いた内容に確信が持てない

自分の考えや意見を文章にしてみた結果、自分の考えが客観的に見えるようになり、正しいと思っていたことでも内容に確信が持てなくなり、投稿できなくなるというパターンです。

解決:考えがまとまったら、改めてブログにしよう。

自分で書いた内容に自信が持てないなら、やはり投稿しない方がいいでしょう。

他の記事作成に取り掛かった方がいいかもしれません。

部分的には内容に自信があるというのであれば、そこだけ残して作り直すという手もあります。

内容に自信があるのなら投稿することができるはずです。

まとめ

ブログが書けない・投稿できない理由とその解決法を6つ書いてみました。

色々書きましたが、ブログを書く意欲があるなら、「これを書こう!」というものが見つかると思うんですよね。

その原動力に従うことがブログを書くための一番良い秘訣ではないかと思います。

以上、「ブログ初心者にありがちな『ブログが書けない・投稿できない理」』とその解決法」でした。

スポンサーリンク