【映画/感想】「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」ゲームの映画化は失敗するという立脚点から始まっている映画

しばらく更新停止していましたが、ぼちぼち再開していこうと思います。とりあえず、ドラクエの映画を観た感想をネタバレなしネタバレありで分けて書いていきます。

一応自己紹介として、まず私は結構なドラクエファンでこの映画の原作であるドラクエ5も子供のころにプレイしてクリアした思い入れのあるゲームです。自分の好きなゲームTOP3を選ぶなら「ドラゴンクエストV」、「Final Fantasy X」、「moon」(lovedelic)だと常々思っているほどです。とはいえ、原作原理主義ということはなく、おもしろければ脚色されてても全然OKというくらいのゆるさです。

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」(総監督・脚本:山崎貴、監督:八木竜一・花房真、原作・監修:堀井雄二、主演:佐藤健)

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」予告②

ネタバレなしの感想

結論から言うとおもしろかったです。大満足とまではいかないものの、充分楽しめました。

ストーリーは全体的にかなり駆け足で、特に序盤はほとんどダイジェストみたいなもので、名シーンも全然感慨深くないし、音楽もしばしば強引にドラクエの曲使ってる感じがして「あららら、この映画大丈夫かな?」と思ったりもしましたが、中盤くらいからはある程度テンポも落ちついてきて楽しめました。

映像はとにかく見応えがあってモンスターや建物・街並みのデザインも良いし、アクションも普通にかっこいいし、あとディティールというか小ネタ、「その呪文こんな風に表現するんだ!」とかそういう部分がおもしろかったです。ゲームにフィードバックされたら良さそうだなってところは沢山ありました。

ゲマ役の吉田鋼太郎がまさにゲマって感じの声で「あの人がこんな声出すんだ、役者すげえ」ってなりました。


ドラクエ5をプレイしたことがある人向けの映画

この映画はドラクエ5をプレイしたことがある人向けだと思います。未プレイの方には世界観もストーリーもなにがなんだかわからないのではないでしょうか。ネットで感想を見ると「ドラクエ知らないけど楽しめた」みたいな人もいて、「ホントに!?」って感じなんですが、まあそういう人もいるようです。

どういう人がこの映画を楽しめるのかを考えると、ドラクエファンがネタバレを見ずに「ビアンカとフローラどっちと結婚するんだろう」とかそんなことを考えながら、あんまり期待せずに観に行ったら、それなりにおもしろい観賞体験になるのではないかな、という感じでしょうか。とは言ってもこの映画についての感想を見ると「ドラクエファンなら絶対観ろ」とか「ドラクエを冒涜している」などと人によって違いすぎるのであまり参考にならないかもしれません。 まあここまで賛否両論な映画も珍しいと思います 。

とにかく私としては名作だとも思いづらいものの、駄作だとも思わない。ちゃんと楽しめる見どころのある映画でした。おそらく私は期待しすぎていた部分もあるので、もう1回観たらまた変わるかもしれませんが。

ネタバレしつつの感想

テンポ速すぎの序盤

この映画、まず冒頭のドット絵の映像に驚きました。「スーファミの映像使うのかよ!」と。しかも主人公が産まれる最初のところだけかなと思ったら、その後の船とかレヌール城とかゲレゲレを仲間にするところまでいってて「このダイジェスト感大丈夫か?」と、その時点でちょっと心配に。 スーファミ版にはない最初の港でフローラと出会うシーンがあったりしたのでオリジナルで制作したものなのか。

その後も駆け足すぎで、ヘンリーなんか出会った瞬間さらわれていくし、何がなんだかわからないままパパスもやられちゃうし、ゲレゲレともすぐ再会するし、私からすると感情移入しようもないテンポなので、「このまま最後までいったらやばいな」と危惧したのですが、まあビアンカに再会するあたりくらいからか、ややテンポも落ちついてきて、ある程度映画の世界に入り込めました。それでも最後まで駆け足感が否めないのが惜しいところなのですが、前述したとおり、映像表現やら小ネタ的な部分、シーン単位でのおもしろさがあったので楽しめたという感じです。


小ネタのおもしろさ

ビアンカとの再会シーンで言えば、やくそうの表現がおもしろくて、食べると身体から煙みたいなものがブシューと出て回復するという。「いや薬草ってそんな良いもんじゃないだろ!」みたいな。まあ、そういう現代のグラフィックでドラクエの世界を表現するというのがこの映画の醍醐味の一つで、他にもベギラゴンの表現が火炎放射みたいな手から持続的にボボボボと出るやつで「そういう感じなんだ!」っていう。「ダークソウルで呪術師が使うやつじゃん!」みたいな(わかんない人はすいません)。あとゲマのATフィールド風のマホカンタ?とか、ストロスの杖を投げつけて石化を解くとか(崩れ去らない!)、そういう細部の膨らませ方がおもしろかったです。あと、ルーラで追いかけてくるギガンテス!映画館でそのシーンが流れたとき、周りの観客の中でも(ギガンテスがルーラを・・・)みたいなふわっとした空気が流れた気がします。ああいうシーンをもっと長く見たかったですね。アクションシーンはどれもおもしろいんだけど、そこも若干駆け足気味だったような。

結婚はビアンカとすることになりますが、正直私はそこにあんまり関心がなくて、ただ、私の前の席が中学生くらいの男子二人組だったのですが、主人公がプロポーズするシーンで二人とも前のめりになっていたので、心ある若者にはなにかしら感動的だったのかもしれません。


ラストの展開

そして肝心のラスト、正直まさかそういう映画だとは全く微塵も想定していなかったのでかなり驚きました。ゲマを倒してミルドラースが出てくるのかと思ったら、急に見たことのないモンスターが出てきて、プログラムがどうたらこうたらとカタカナ語で喋りだして(うろ覚え)、「いや世界観おかしくなるw」とか思ってたらほんとにそういう奴でマジか・・・という。

実はこの映画の世界はドラクエ5をリメイクしたVRゲームでそこに入り込んだウィルスがラスボスという衝撃の展開です。まさにこの展開が賛否両論になっているポイントですが、私としてはすごくおもしろかったですね。実は仮想現実だったというのはSF作品ではありがちぽいアイディアですが、ドラクエ5の映画として観にいってるわけで、まさかそんな展開になるとは思いもせず見事に騙されたなと。

山崎貴監督がインタビューで(ゲームの映画化は成功しないと断ったが、あるアイディアを思いついたので映画化に踏み切った ) というような発言をしていて、「なるほど!こういうことか!」と思わされました。ある意味ズルいというかうまいアイディアだと思って、どこまでが伏線としての違和感なのかわからないけど、そういう違和感を丸ごと「いや、これはゲームの世界の話なんで」と包み込んでまとめあげて納得させるという、結構強引な奇策だなと。

一番理想的なのは3部作とかで作ることだと思うんですけど、それができない状況の中でドラマ性の強いゲームを一本の映画としてまとめ上げるためのアイディアなんだなあと思いました。

ついでにいうと、ボス(ゲマ)を倒した後にもっと強いなんかわけわからんボスが出てくるというひねりのある展開にドラクエらしさを感じたりもしました。ドラクエといえばボスを倒したら、もっと強いボスがいきなり出てくるみたいなとこありますからねえ。


公開初日に本作の製作委員会がドラクエ5の小説の作者から名前の無断使用で提訴されちゃったりもしていますが、まあとにかく私としては充分楽しめる映画でした。

終わり。

タイトルとURLをコピーしました