【漫画】冨樫義博がかなり欅坂46にハマっている件【ハンターハンター35巻】

2月2日に発売されたハンターハンターの35巻のおまけページを見て、冨樫義博がかなり欅坂46にハマっているということがわかった。


そもそも、冨樫義博が欅坂46のファンだということはハンターハンターに欅坂46のセンター平手友梨奈をモデルにしたキャラと「11人いる!(サイレントマジョリティー)」という念能力が登場したことからわかっていた。

さらにその回の少年ジャンプの巻末コメントでは欅坂46の曲についても語っていた。

曲はバグベアがツボ。詩は切ないのが好き。渋谷川コールミー青空が違うetc

出典:週刊少年ジャンプ 2017年39号

カップリング曲や、CDの特典映像として収録されている個人PVに使われている曲(コールミー)をあげたりしている時点で結構なファンであることがうかがえる。

とはいえ自分は、今や各界の著名人に欅坂46や平手友梨奈のファンがいて冨樫義博もその一人だという認識でしかなかった。

そんなにガチのファンだとは思っていなかったのだ。

なので、つい先日の欅坂46のアンダーグループ(2軍的なもの)として結成された、けやき坂46(ひらがなけやき)の武道館ライブに冨樫が祝花を贈っていたという話題についても「でもそれは冨樫が好きな欅坂46とはちょっと違うグループだぞ」と自分は思っていた。

ところが、今回のハンターハンター35巻のおまけページに「漢字欅とひらがなけやき どっちが好きですか?」と聞かれたクラピカが「この世で最も愚かな質問の一つだな 選べない」と答えるコマがあって驚いた。

いや、ひらがなけやきも好きだったのかよ!てか、どんだけ好きなんだよ!

そもそもひらがなけやきというのはテレビ番組の露出も少なめで、そこには平手友梨奈もいないし、さらにいえばこのひらがなけやきというのは欅坂46とは路線が違い、わりとかわいい系に寄っているグループなので、それを好きというのはもう普通にアイドルオタク感がある。

ひらがなけやきも好きというのは結構ガチ感があるなと思う。


このクラピカのセリフは欅坂46ファンの間でも話題になっていたが、自分はおまけページの他の部分も「これも欅坂46ネタなのでは?」と気になった。

例えば、108ページにはハライチ澤部ネタがあるが、ハライチの澤部といえば欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」のMCだ。

さらに128ページには、

『アウトロドン!』

「ヒントなしでこれわかるやつってスゲーよな 自信なくすわ~」

出典:ハンターハンター35巻

というセリフがあるが、アウトロドンは吉田照美と欅坂46の小池美波がやっているラジオ番組「ザ・ヒットスタジオ(火) 」で行われている企画のひとつだ。

アウトロドン自体そんなに見かける企画ではないし、ツイッターで試しに「アウトロドン」で検索してみたら大半がこのラジオ番組に関するツイートだった。

さらに「ザ・ヒットスタジオ(火) 」にはアウトロドンのヒントを出すくだりもある。

確証はないが、もし欅坂46ファンでラジオもチェックしているのだとしたら、中々ディープだ。

もっとも漫画家というのはいかにもラジオを聞きながら仕事していそうな職業なので、欅坂46と無関係に聞いていたとしても不思議はないが。


ということで冨樫義博、ガチで欅坂46にハマっているんだなと思わされたハンターハンター35巻だった。

【追記】

しかも、週刊少年ジャンプ2018年11号に掲載された373話でさらに欅坂46ネタがぶちこまれていると話題になっていた。

373話に登場するカミーラの猫型念獣の名前が「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」となっており、「百万回生きた猫」といえば絵本の名作として名高い「100万回生きたねこ」があるが、「ネコノナマエ」は欅坂46の1stアルバム収録曲「猫の名前」と同じだ。

猫型念獣の名前が「ネコノナマエという名前」というギャグみたいなものだろうか。

しかも念獣の鳴き声が「ネる、ねル、ネル、ね」と、有名なお菓子「ねるねるねるね」を思わせるが「ねる」といえば欅坂46の人気メンバー長濱ねるを思わせるワードでもある。

これだけ欅坂にハマっている人だから、これも多分狙ってやっている?

いや、というかまだやり足りてなかったのか!

相当、創作のモチベーションにしているのかも?

【追記2】

なんか他にも、着ている服が「エキセントリック」のMVの衣装と同じだとか、時計の時間が欅坂の曲タイトルと同じ「AM1:27」だとか、欅坂のCDの品番と同じ文字列がゲートに書いてあるとか色々あって、これはコミックで「欅坂46関連ネタを沢山入れたけどみんないくつわかったかな?」的な企画をやってるんじゃないかと途中で思ったのだが、どうなんでしょうね?

コミックで答え合わせがされるのかも?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする