【自作品】「枯れゆく人」制作過程① -コピックにハマる-

「枯れゆく人」制作途中

画材は板目表紙とボールペン。コピックなど。

板目表紙というのは書類をとじるための板紙らしく、100均で5枚入りのものが売っていた。

絵を描くのに使えるんじゃないかと思い試してみたが、個人的には中々良い。


最近はコピックで色を塗ることにハマっている。

この絵は元々ペンで描くだけの予定だったが、たまたま見かけた水彩画に触発されて、しかし水彩画を描くとなると準備が面倒なので、手持ちのコピックを久しぶりに使ってみることにしたら、おもしろくてどハマリした。

単色のペンだけを使って描くよりも遥かに立体感も作りやすいし、色を画面上で混ぜることもおもしろい。

色を扱うこと自体のおもしろさもある。

また、ペン画よりも格段に速く絵が描けるというのもある。

ペン画はそれだけで画面を描きこみつくそうとなると時間がかかりすぎるところがあるのだ。


「枯れゆく人」制作途中2

この「枯れゆく人」は制作途中の段階の方がかっこよかったかなとも思う。

色数が抑えられていてタイトな印象があったのが、後になると色を使い過ぎた感がある。

また、画面全部を塗ろうとする必要もなかったかもしれない。

ペンで描くことに慣れているので失敗することも多かった。

【自作品】「枯れゆく人」制作過程②(終)に続く。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする