【レビュー】山下和仁ファミリー「みんなのにわとりさん(英語版)」「みんなのにわとりさん・はるかな旅人」【クラシック/子供】

聴いた音楽のレビュー、紹介。

今回はトリ、山下和仁ファミリー・ギタークインテット & ゲリー・カーによる「みんなのにわとりさん(英語版)」と、

愛陽、山下和仁ファミリー・ギタークインテット (山下和仁+バンビーニ)による「みんなのにわとりさん・はるかな旅人」の2作品。

「みんなのにわとりさん(英語版)」

「みんなのにわとりさん(英語版)」はボーカルのTORI(カナダ人の9歳の女の子)、世界的な超絶技巧ギタリスト山下和仁とその家族によるギタークインテット、そしてコントラバス奏者のゲリー・カーによるアルバム。

ゲリー・カーはボーカルも務めています。

詞と曲は山下和仁の妻である現代音楽の作曲家である藤家渓子によるもの。

いまいちこの作品についての情報が調べても出てこないのですが、どうも元々日本語版の「みんなのにわとりさん」のアルバムがあり、それの英語版制作のために山下藤家夫妻がゲリー・カーに協力してもらい出来上がったアルバムのようです。

現代音楽の作曲家が作曲したといっても、難しい印象はなく、かといってそれはもちろん音楽的な聴きごたえがないということではありません。

子供が歌っていることもあり、メルヘンな雰囲気のする作品ですがトリの素直な歌声と流麗な演奏を楽しむことが出来ます。

「みんなのにわとりさん・はるかな旅人」

オリジナルの日本語版も聴いてみることに。

こちらのアーティストは愛陽、山下和仁ファミリー・ギタークインテット (山下和仁+バンビーニ)となっていて、ボーカルもギターも全員山下和仁ファミリーのようです。

基本的には英語版と同じだと思いますが、英語版にはない「はるかな旅人」という曲も収録されています。

こちらの方はなんだか歌詞がわかる分、小学校の発表会に迷い込んでしまったような雰囲気。

英語版よりエモーショナルな感じもします。


スペイン、コルドバのギターフェスティバルでの山下和仁ファミリー・クインテットの演奏動画を発見。

Kazuhito Yamashita Quintet – Cordoba Guitar Festival 2011

なんという音楽一家なんだ!

とてつもない家族ですね。

山下和仁さんが凄い人だというのはわかっていましたが、家族も凄い。

このただならぬ雰囲気。

まとめ

ということで、アルバム「みんなのにわとりさん(英語版)」と「みんなのにわとりさん・はるかな旅人」、そして山下和仁ファミリー・クインテットの演奏動画の紹介でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする