【映画】スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』めっちゃおもしろかった!【感想】

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作「レディ・プレイヤー1」を観た感想。

前半はネタバレを抑えて、後半はネタバレありの感想。


映画『レディ・プレイヤー1』予告1【HD】2018年4月20日(金)公開


「レディ・プレイヤー1」はアーネスト・クライン原作のSF小説を映画化した作品で、VR空間オアシスを舞台にオアシスの創始者ハリデーの残した遺産とオアシス所有権をめぐっての争奪戦が行われるという内容。

自分は以前にトレイラーを見てから気になっていて、スピルバーグ作品も大好きなので観に行くことにした。

結論から言うとすげえおもしろかった!

全体の印象としては細田守の「サマー・ウォーズ」みたいな世界観で、それのハリウッド版、スピルバーグ版といった感じ。

しかし、この作品の特色はクロスオーバーで、つまりは他の映画やアニメ、ゲーム作品が数多く登場するところにある。

元ネタがわかる人には「うおお、あの作品の○○も出てくるのかよ!」ということが楽しいオタク要素の強い映画だった。

日本の作品に関連するネタも多いので、自分はこの映画を一番楽しめるのは日本のオタクじゃないかと思ったほどだ。

逆にあまりにも元ネタがわからない人にはついていきづらい映画かもしれない。

映画、アニメ、ゲーム、80年代文化などについてある程度知識があるなら充分楽しめるだろう。

以下、ネタバレも含む感想

「レディ・プレイヤー1」のおもしろかったところを語り始めるとキリがないが、自分が特におもしろいと思ったシーンを語りたい。

AKIRAの金田のバイク

序盤のレースシーンから最高だった。

自分が特に「すげえ」と思ったのは「AKIRAの金田が乗ってたバイク」とセリフで言及されたところだ。

自分はあのバイクが出てきたときにそれがAKIRAのバイクだと気づいたが、まさかそれが劇中で言及されるとは思っていなかった。

「あ、それ言うんだ!そういう世界なんだ!」というところにまず感動した。

レースシーンの動画がすでに公開されている。(こんな見せ場を公開していいのか?)


『レディ・プレイヤー1』冒頭3分レースシーン映像!


「彼女の走りならTwitch(ゲーム実況の配信サイト)で見た!」とか言ってるのも地味におもしろい。

「Twitchとかまだ残ってる世界なのかよ」とか思ったが、そもそも2045年というすぐそこの近未来が舞台なので別におかしくはなかった。

クラブでのダンスシーン

クラブでBee Geesの「Stayin’ Alive」をBGMにダンスを始めるシーンはかっこよすぎた。

「Stayin’ Alive」が異常にかっこよく聴こえた。

後からこのシーンは1977年の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のオマージュだとわかった。

そもそも「Stayin’ Alive」自体が「サタデー・ナイト・フィーバー」のために書き下ろされた曲で、あの光る床も「サタデー・ナイト・フィーバー」から来ているのだ

自分は「サタデー・ナイト・フィーバー」について教養としてしか知らなかったので気づかなかったが、多分その世代の人ならすぐに気づくのだろう。


Bee Gees – Stayin’ Alive (1977)


心臓マッサージのテンポにも丁度良いという「Stayin’ Alive」のMV。

ャイニング

ホラー映画の名作として名高いキューブリックの「シャイニング」の世界に入るクエスト。

自分はエイチが「シャイニング」の世界に巻き込まれていくシーンを観ながら「こんな映画は今までに観たことがない!」と感じた。

それは本来、日常を圧倒する存在としてあるSF要素(この場合ではエイチのアバター)が、それよりも遥かに現実的な「シャイニング」の世界に圧倒されているという逆転した構造に新しさを感じたからだ。

「レディ・プレイヤー1」という映画が「シャイニング」に乗っ取られかけているように見えたおもしろさ。

AKIRAネタでもそうだが、あのスピルバーグがこれをやっているということも含めておもしろい。

ついでに原作者のスティーヴン・キングが「シャイニング」の映画を嫌っているというエピソードまで映画のネタにしている凄さ。

でも流石に主演のジャック・ニコルソンは出てこなかったが。


The Shining – Trailer


「シャイニング」、1カットのトレーラー。映画でも再現されたシーン。

「俺はガンダムで行く!」

今作屈指の名シーン。

自分は事前にガンダムが活躍するらしいということは知っていたが、その前にメカゴジラが出てくるとは知らなかった。

「えっ!メカゴジラも出てくるのかよ!」とか思ってたところからのガンダム!

しかも元のアバターが三船敏郎。おもしろすぎて震えた。

こんな世界的な映画で「ガンダム対メカゴジラ」という戦いをやってくれるというすごさ。


映画『レディ・プレイヤー1』日本限定スペシャル映像(メカゴジラ VS ガンダム編)大ヒット上映中


このシーンを公開していいのか!?

何気にダイトウのゴーグルに反転した「ガンダム」の文字が出ていて芸が細かい。

原作ではガンダムではなくウルトラマンらしく、それで3分間だけ変身できるのかと納得。

というか原作の方がオタク要素が濃くて驚く。(ゲームウォーズ – Wikipedia)

東映版「スパイダーマン」の巨大ロボ、レオパルドンが主人公機とかディープすぎでしょ。(カルト的な人気でもあったのか?)

ついでに言うと、この後の方の波動拳を撃つシーンも良かった。気づかなかったがその後にはサマーソルトキックも使っていたらしい。

ラスト

主人公にはオアシスを消滅させることもできたが、ラストではオアシスが週2日休みになるという選択がされていた。

これも現実的というかバランスをとった決定でおもしろいなと思った。

「オアシスなんか捨てて現実に生きろ」と言うのでもなく、「オアシスは週2日休みにするから現実も楽しもうぜ」という、かなりゆるめの着地点。

オタクに対して「現実に帰れ」的なメッセージをぶつけるクリエイターもちょくちょくいるが、「レディ・プレイヤー1」のこの選択は何か落ちつくところに落ちついた人の出した答えのように感じられた。


「レディ・プレイヤー1」のWikipediaを読むと、気づかなかったクロスオーバーが沢山あったことがわかった。

元ネタを知らないものも多いが、サンリオのキャラとかデジモンとかデスノートのリュークとかどこにいたの?って感じだ。

公開中にまた観に行きたい!

スポンサーリンク